多汗症治療 保険適用

多汗症治療で保険適用になるケース

多汗症の治療の中には、保険適用のものがあることをご存知でしょうか。実は、重度のワキの多汗症の場合、治療が保険適用の対象となるのです。

 

ワキの多汗症の治療に用いるのは、ボツリヌス菌由来の注射薬です。この注射薬が使用されるようになって15年以上が経過していますが、元々はシワを作れなくするためのボトックス注射として用いられていました。このシワを作れなくするというメカニズムは、多汗症治療にも有効なのです。

 

しかし、ボトックス注射というのは美容目的に行うものなので、元々は自由診療の薬です。それがなぜ、保険適用されるのでしょうか。

 

ワキの多汗症は腋窩多汗症と言いますが、本来ならどんな人でも、体温調整のために汗をかくものです。

 

しかし、あまりに多量の汗をかいてしまうと、それが恥ずかしいうという理由から、人前に出たくなくなってしまうはずです。腋窩多汗症のせいで不登校になったり、仕事を長期間休んでしまう人もおり、深刻な問題へと発展しているのです。このために、多汗症の治療が保険適用となったのです。

 

ちなみに、保険適用になったのは、グラクソという製薬会社が作っているボトックスという名称の薬です。

 

しかし、まったく同じ成分であるアラガン社のボトックス ビスタという薬は、保険適用外です。

 

一般的に、美容外科でシワの治療に用いられるのがボトックス ビスタで、ワキの多汗症治療に用いられるのがボトックスというわけなのです。

 

ちなみに、保険適用で治療を受けるためには、原因不明のワキの汗を長期間かいている、汗のせいで日常生活に支障が出るなど条件があるので、治療院に問い合わせてみるといいでしょう。