多汗症の薬【プロバンサイン】の効果と副作用

多汗症の薬『プロバンサイン』

多汗症の薬には、プロバンサインというものがあります。プロバンサインの効果は、全身の汗を止めるというものです。

 

汗が出るのは生理現象なので仕方がないことですが、あまりに多量な汗は、色々と問題も起こるものです。どうにかして汗を止めたいと思う人も多いことでしょう。

 

プロバンサインは神経系の薬で、病院でも処方される物なので安心です。元々は胃薬なのですが、胃液の分泌を抑えるだけでなく、汗の分泌を抑えることが分かったのです。

 

プロバンサインには即効性があるので、大変便利です。服用後1時間ほどで汗が止まり、5時間ほど持続します。

 

しかし、効果がある分、副作用が気になることでしょう。プロバンサインは用法容量に気を付けていれば安心ですが、口の乾き、眠気、めまい、頭痛、便秘といった副作用があるのです。

 

比較的出やすい副作用は口の乾きで、眠気、めまい、頭痛、便秘は、体質によりますが出にくいと言われています。

 

多汗症の人に限らず、夏場に汗を止めたいと考える人は多いでしょうが、夏に汗が出ない状態になってしまうと体温調節ができなくなり、体温が急激に上昇して熱中症になる恐れがあるので、夏場のプロバンサインの服用には注意が必要です。

 

プロバンサインはドラッグストアでは販売しておらず、病院で処方してもらうことになります。1日3錠まで飲むことができ、朝、昼、夜の服用が最適なようです。

 

プロバンサインは多汗症の薬として効果がありますが、前述の通り副作用があるので、初日から3錠飲むのではなく、少しずつ飲んで様子を見るようにしましょう。