多汗症の原因と対処法

多汗症の原因

多汗症の原因は、昔から主にストレスだと言われてきました。大勢の人の前で発言をする際などに、失敗したくないといった不安から、汗を多量にかいてしまうのです。

 

しかし、リラックスしたような状態でも多量に汗をかく人もいます。また、寝起きの際に汗をかきはじめるという人もいるのです。

 

こういった点から考えると、多汗症の原因がストレスというのは、必ずしも正しくはないことになります。実際は、人が緊張した際に交感神経が敏感になることが多汗症の原因と言えるのです。

 

交感神経が敏感になるのは、ストレス以外にホルモンバランスの乱れ、遺伝、生活習慣の乱れ、病気などの原因が上げられます。

 

多汗症の原因が精神的な問題から起こる場合は、ストレス、緊張、不安を感じることで交感神経が敏感になり汗腺の働きが活発化しています。発汗恐怖症とも言いますが、なぜ交感神経が敏感になるのかは解明されていません。

 

ホルモンバランスの乱れ原因の場合は、脳の視床下部が関係しています。視床下部はホルモンの分泌と交感神経のコントロールを司っているので、多汗症の原因となるのです。

 

遺伝は多汗症の原因とはまったく無関係との見方もされていますが、必ずしも否定できるものではありません。

 

生活習慣の乱れは、辛い物を過剰に食べ過ぎたり、食生活が偏ったり、ニコチンやカフェインの過剰摂取が考えられます。

 

病気の場合は、代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経に原因がある場合があります。

 

自分の多汗症の原因が何なのかを見極めることで、少しでも改善していくことができるかもしれないのです。