多汗症改善に良い食べ物・悪い食べ物

多汗症に良い食べ物、悪い食べ物

多汗症と食べ物というのは、実は密接に関係しています。

 

日本人は、かつてはお味噌汁にご飯、野菜を中心に食事をしており、たんぱく質を摂るときは魚が主でした。しかし、どんどん西洋の食文化が入ってきたことから、魚よりも肉を多く摂るようになり、脂肪分の多い食事も食べるようになりました。これによって、実は多汗症が悪化してしまっているのです。

 

摂るべき食材【豆類】
多汗症の人にまず摂ってもらいたい食べ物は、豆類です。
豆類にはイソフラボンが含まれていますが、女性ホルモンに働きかけてくれることで良く知られていますよね。しかし、実は多汗症改善にも大いに役立つ食べ物なんです。
発汗を抑制してくれる作用があるんですよ。豆類は豆腐や納豆、豆乳、油揚げなど様々な食品となって売られており、値段も安く普段の食事に取り入れやすいので、ぜひ食べてみてください。

 

控えるべき食材【カフェイン】
もちろん、あまり多汗症の人が摂らない方が良い食べ物もあります。

 

まずはカフェインです。カフェインは汗腺の働きを活発にする働きがあるからです。

 

控えるべき食材【刺激物】
また、刺激物も良くありません。辛い物が好きという人は多いでしょうが、たとえば唐辛子は食べると汗をかいてしまいますよね。これはカプサイシンという発汗を促す作用がある成分のせいなのですが、「辛い物のせいで汗をかくかもしれない」などと気にすることで、余計に汗をかくことにもなるのです。

 

適度な水分補給が必要
また、汗を気にするあまり水分を控える人もいるかもしれませんが、夏などは脱水症状になってしまいますし、水分を控えると汗の臭いがきつくなる原因になりますから、適度な水分補給は必要なのです。